• 取扱説明書
  • パーツリスト
  • メンテナンスマニュアル
  • 動画マニュアル
  • プロモーション・広報・IR
  • 展示会・イベント
  • WEB
  • 3DCG・電子書籍
  • 多言語翻訳
  • ローカリゼーション
  • 無料翻訳トライアル

展示会・イベント

“Face to Face”のチャンスを逃さない。

  • 新しい顧客へのビジネスを広げたい。
  • お客さまの生の声を聞きたい。
  • 次の戦略に向けて情報収集したい。

展示会やイベントにおける、“Face to Face”のコミュニケーションを
いかした情報発信を確かな実績とノウハウでサポート。
新たな事業戦略に欠かせない重要な顧客データを収集できます。

*

出展コスト削減・環境対応型ブース造作

コストダウンポイント
  1. システムユニットを活用し躯体を統一、展示内容にあわせその都度リユース。装飾に高級感の演出が可能な部材を使用し、品質を維持しながらコストダウンを図ります。
    ※大切なのは目的に応じた施工法を選択することです。
    システムが全てではありません。
  2. 展示スペース・展示内容に即したユニット什器のモジュラー化を図り、什器の自由な組み合わせによる展示のバリエーションに対応し、新規造作を減らすことでコストダウンを図ります。
  3. 展示会のテーマに合わせ高品位、重厚感や特長的な演出が必要な部分は木工仕上げとし、連続する部分は合板仕上げのリースパネルに表具貼り。それ以外はシステム部材を使用。
    組み合わせにより品質を維持しながらコストダウンを図ります。
  4. 複数年での運用を前提とする場合、リユースを目的にしたオリジナルユニット什器(サイン・展示台・受付周り等)の開発を行い、展示内容にあわせその都度リユースすることで、品質を維持しながらコストダウンを図ります。

2年目以降の造作物のリユースにより、装飾費の削減に取り組みます。
年間複数回出展し、毎年出展する場合は、大幅なコストダウンが見込めます。

  • 年間複数回出展するので、
    コストをできるだけ抑えたい。

年間複数回出展するので、コストをできるだけ抑えたい。

  • 決まった展示会に毎年1回出展するが、
    コストをできるだけ抑えたい。

決まった展示会に毎年1回出展するが、コストをできるだけ抑えたい。

お問合せ

TOP